月星会とは、千葉市を中心に活動する経営者の勉強会

月星会 新春の集い大成功裡に開催される

月星会 新春の集い大成功裡に開催される

1月24日土曜日 会員56名、ビジター14名、ご来賓10名の総勢80名が参加して、月星会の新春の集いが盛大に開催されました。
今年から親睦関係の委員会でなく、例会企画委員会が担当して開かれたのですが、木下委員長を始め、産方恒好・小野成子・徳永康子・林威樹の副委員長さんたちと阿佐一郎・池田徹さん等委員の協力で無事に終了しました。

臼井先生の都合で15分遅れでのスタート。木下委員長の司会で始まった。
例年と違い、花々に飾られたステージにご来賓の方々を着席していただく形式を取りました。
まず、阿佐会長の挨拶、そして臼井日出男先生の挨拶があり、順次ご来賓のご挨拶をいただき、予定の時間で無事終了。
藤原相談役の乾杯のご発声で賀詞・名刺交歓会が始まりました。
当日は、来賓の国会議員の先生方には、多くの新年会が重なっていて到着時間が未定という方が多く、到着次第のご挨拶となってしまいましたが、松野博一先生、水野賢一先生、椎名一保先生の現職と、元衆議院議員で県知事に立候補される森田健作さん、千葉市長に立候補された林孝二郎前副市長と本当にたくさんのご来賓に参加していただけました。

アトラクションは、紺谷さんとお弟子さんの三味線二本とパーカッションの○○さんの津軽三味線の演奏を堪能しました。

お楽しみの抽選会は、はグリーンタワーさんからのご提供いただいたお食事券、そしてセレモさんが新発売された三角の安眠枕6点から始まりました。
その後は、80名全員に行き渡るほどたくさんの花*花はなの大抽選会でした。

木下委員長発案の紙の下足札が抽選券になったものでしたが、すばらしい使い方だったと思います。

最後は千葉相談役の中締めで終了。三々五々二次会の席へと向いました。


コメント


認証コード1483

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional